くらしの器と絵 匣(さや)
〒221-0822 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-8-4
TEL:045-548-4901 FAX:045-548-4902
営業時間:10:30~18:00 定休日:金曜日/第3土、日曜日
駐車場1台可(予約制)

JR 「東神奈川」駅下車徒歩1分、京浜急行線 「仲木戸」駅下車徒歩2分、
東急東横線 「東白楽」駅下車徒歩5分

匣(さや)へのアクセス


くらしの教室 匣 【着付け教室】のご案内

 

匣(さや)の着付け教室は少人数制です。

2名様からご希望の日にちにて開催いたしますので、ご友人やご家族とご一緒に、着付けを習うこともできます。

初めて着付けをする方も、または、ある程度着れるけれどもっときれいに着付けをしたい方など、ご要望に応じて、開催いたします。

基本的には、3回のお教室にて、お太鼓結びができるまでをお教えいたします。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

 

【着付け教室】

開 催: 随 時 (ご相談に応じます)

講 師: 泉 好子先生

参加費: 3,800円(1回)

開催時間: 約3時間(1回)

参加者: 2名以上4名様まで

持参するもの: お着物、着付け道具一式 (事前にリストを差し上げます)

備 考: お着物をご持参頂けない場合は有料(1000円)にて一式お貸出し致します。

その他、何かございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

 

くらしの教室 匣 【絵手紙教室】のご案内

顔彩を使って、季節の絵手紙を作成していきます。

講師は日本画家の佐々木淋文先生です。

筆使い、余白の取り方、色の出し方を習いながら、

ご自分の個性を生かした作品づくりをして

いただいています。

絵手紙だけではなく、夏には団扇に描いたり、また、

半紙に上手に描けたら裏打ちして、飾れるように

いたします。

ご自分のペースで学んでいかれます。

 

【絵手紙教室】

開 催:  月1回第4木曜日(変更になる場合がございます)

参加費:  3000円

持参するもの: ご自分用の筆(面相筆、中、太筆)

(初回は筆をお貸しいたします)

備 考:  顔彩は先生がご用意致します。

 

 

 

 

くらしの教室 匣  【源氏物語講座】のご案内

 

 

源氏物語講座開催中。54帖を順番に読み解いていきます。1帖づつ独立した話になっていますので、途中からのご参加も可能です。

 

平安文学の専門家、中野方子先生に来ていただき、源氏物語の古典の芳醇な世界を解説頂きます。色々な話や文献にも飛び火して、日本文学の奥深さにも触れられます。

 

【源氏物語講座】

開 催: 基本的には月1回の開催となりますが、年に2回のお休みの月(ex.1月と8月)があります。

日 時: 第二金曜日午後2時〜午後3時30分

講 師: 中野方子先生(中央大学講師)

参加費: 2,500円 (茶菓代込み)

備 考: 最初、本代が別途かかります。(コピー代はその都度精算)

2012年9月現在、54帖中、24帖を勉強中

参加者数 現在9名

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くらしの教室 匣 【月1回の茶道教室】のご案内

 

「くらしの教室 匣」の茶道教室は、基本的に月1回のお教室にて茶道を学ぶことができます。

 

現代の人々は職業を持っていても、専業主婦であっても、大変忙しい方が多く、本格的に茶道を習おうとすると中々難しいのが現状です。

 

匣では、新しく茶道に触れたい方や、また、以前に習っていたけど中々機会がなく少しでも茶道を続けたいという方にはぴったりのお教室です。でも決して本格的ではないという訳ではないのです。

本格的なお茶室ではないですが、お稽古は炭手前から始まり、季節に応じた室礼と経験豊かな茶道講師の先生が季節ごとのお話や茶道の奥深さを教えてくださいます。参加した充実感は月1回の茶道教室とは思えないものかと存じます。

くらしの教室匣の茶道教室は、年に1度は本格的なお茶室でお茶会も催します。普段は中々着る機会のないお着物を着るよい機会でもあります。

下記の内容で開催しております。ぜひ一度体験しにいらっしゃいませんか!?

 

【月1回の茶道教室】

開催日: 基本的には第3木曜日 または 第3日曜日

(日程は変更になることがあります。予めお知らせしますのでご了承ください)

講 師: 佐々木淋文先生(裏千家茶道講師)

参加費: 3,500円 (お菓子、お抹茶代込み)

月ごとの清算になります。(ご参加頂かない月は頂いておりません)

持参するも:  袱紗はさみ一式 (袱紗、扇子、懐紙、菓子楊枝、など)(最初のうちは匣でもご用意がありますので、手ぶらでも結構です)

備 考: ・お抹茶の飲み方だけを教えて頂く場合は、参加費を2,000円とさせて頂きます。

・短期間でのご参加も承っております。

 

◇ 茶道教室の風景 ◇

 

炭点前の用意

 

 

 

 

 

 

 

炭点前で、お香と炭のいい香りが漂ってきます

 

 

 

 

 

 

 

季節の床の室礼  東大寺のお水取りにちなんだ色紙  お花は蝋梅と椿

 

 

 

 

 

 

 

 

夏なので、絞り茶巾のお点前

 

 

 

 

お菓子に魔除けの札?「蘇民将来子孫家門」をのせて、お客様の幸せを願うおもてなしの心

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盆略点前  風炉には銀のやかん

茶道の中にもお香のお点前があります

季節のお花が飾られます

くらしの教室 匣 【簡易金継ぎ教室(陶磁器修理)】のご案内

 

簡易金継ぎ教室(陶磁器の修理)を毎月1回開催しております。下記の内容で開催しておりますので、ぜひご参加くださいませ。

 

ご家庭でお使いの食器や思い出の陶磁器が、欠けたり、割れたりした場合、古来よりある金継ぎ修理を簡単にした方法にて比較的短期間にて修理できます。

 

【簡易金継ぎ教室】

開 催: 毎月1回 14:00~16:30

開催日: ご希望の方に毎月日程をご案内しております。

参加費: 1,500円

ご持参するもの: エプロン、修理品(5点まで)

ほつれ(小さい傷)、欠け、割れ、など…

備 考: 修理の内容により、完成までの期間が変わります。

通常、2~3回の参加が必要になります。

 

☆ 教室風景

皆さま熱心に作業中

 

 

 

 

 

 

 

大きいお皿の割れを修理します

陶磁器のちょっとした口の欠けやほつれ(小さい傷)も修理できます。愛着のある器や揃えの器、また大事な方から譲り受けた器などはぜひ修理してお使いください。
割れたものもカケラがあれば、きれいに直せます。
口のカケラがない場合でも、パテを使ってその部分を補修すればきれいに直ります。